睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

いびきの原因となり得る睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が何回も止まってしまう病気です。睡眠時無呼吸症候群は、高血圧・糖尿病・不整脈などの心疾患の根本的な原因となり、10年間治療せずに放置していた場合、突然死する可能性も増えると言われています。

1.睡眠時無呼吸症候群の危険性

睡眠時間1時間あたりの無呼吸および低呼吸状態の平均回数(AHI)が5回以上の場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。AHIが5〜15回だと軽症、15〜30回が中等症、30回を超えると重症です。
睡眠時に無呼吸や低呼吸が繰り返されることで、身体は低酸素状態になるため、重大な疾患を引き起こしかねません。

2.睡眠時無呼吸症候群といびきの関係性とは

いびきをかく人が、必ずしも睡眠時無呼吸症候群であるというわけではありませんが、睡眠時無呼吸症候群の人はほとんどがいびきをかきます。

いびきは、口蓋垂が長いことや大きいことなど、喉の形の異常などが原因ですが、これらの症状に気道の閉塞が加わると、睡眠時無呼吸症候群になります。いびきでお悩みの方は、睡眠時無呼吸症候群を併発している可能性もあるので、一度検査してみることをおすすめします。

3.睡眠時無呼吸症候群になりやすい人の特徴

顎の小さい人・首の短い人・太っている人は睡眠時無呼吸症候群になりやすいです。また、10年間で10kg以上体重が増えたなど、急に太った人も要注意です。

日本人は顔が平べったくて顎が小さい骨格の人が多いので、元々睡眠時無呼吸症候群になりやすいといえます。また、患者さんの約70%は肥満なので、食生活をはじめとする生活習慣を改善することが大切です。

4.睡眠時無呼吸症候群の治療方法

AHIが20回以上の患者さんには、鼻CPAP治療をご案内しています。これは、鼻マスクを装着し、マスクから送り込まれる空気の圧によって気道を広げて呼吸を確保する治療方法で、安全性と有効性が確立されています。

ただし、この治療方法は、睡眠時の呼吸を確保するためだけのもののため、完治はしません。生活習慣を正して肥満を解消することが、睡眠時無呼吸症候群の本質的な治療なのです。

  • Doctors FileDoctors File
  • 睡眠時無呼吸なおそう.com TEIJIN睡眠時無呼吸なおそう.com TEIJIN
  • WEB予約はこちらWEB予約はこちら
  • 遠隔診療のご予約遠隔診療のご予約
  • ブログ

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の不調でお悩みでしたら、千葉県船橋市にある深沢医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

bottom_tel.jpg